在宅薬剤師の1日 | 泉佐野、岸和田、堺地域の人々の健康を支え、多くの人々に「きぼう」を与えるきぼう薬局は、現在大阪府で4店舗展開しております。

在宅薬剤師の1日

トップ > 在宅医療 > 在宅薬剤師の1日

在宅薬剤師の1日

9:00
出社・開店準備 薬局内の清掃や朝礼を行い、一日の仕事の準備をします。

9:20
患者様の薬歴を確認する 往診同行の前に前回の薬の処方内容や薬歴を確認し、医師の診察を円滑に行うための情報を準備します。

10:00
医師と往診同行 医師の往診に同行し患者様のご自宅に伺い、医師・看護師・介護スタッフと共に患者様の状態(食事・睡眠・排泄・運動等)と残薬を把握して、情報共有を行います。必要時には医師に処方提案を行うこともあります。

 
12:00
お昼休憩

13:00
処方せんを受け取り調剤する 処方せんに従って「錠剤・散剤・水剤等」を調剤します。必要があれば、薬の一包化や粉砕等を行い、患者さまの服薬支援に努めます。

14:30
調剤した薬を監査する 調剤が終了した医薬品の最終確認を行い、正しい医薬品が調剤されているかをしっかりとチェックします。在宅医療の患者様はほとんどが一包化調剤、そしてお薬カレンダーへのセットをご希望されていますので、日付・用法ごとにお薬カレンダーへセットします。また、過去の薬歴と照らし合わせて処方内容の最終確認も行います。

16:00
患者様のもとへ配薬し、薬について説明する お渡しするお薬について、薬学的な観点から患者様の症状を確認し、安全かつ効果的に服用していただけるように、効能・効果、用法・用量、服薬上の注意点などをわかりやすく説明します。

18:00
医師・ケアマネージャーへの報告書作成 医師・ケアマネージャーに対してお薬の変更点や患者様の状態などを明記し、報告書を作成します。

19:00
勤務終了・退社

在宅薬剤師の役割

薬剤師が在宅医療に加わり、薬に関する悩み・疑問にお応えすることで、患者様やご家族の負担や不安を和らげることができます。

また、医師やケアマネージャーなどと協力して、患者様の在宅医療・介護をより安心感のあるものにしていきます。

在宅薬剤師は「薬剤師の立場から患者様をトータルにサポートする」という重要な仕事を担っています。

ページトップに戻る